バカにはさせない本気の薄毛対策|俺が惚れたプロペシア

薄毛が改善できる?!プロペシア

プロペシアの効果・副作用について確認する

【プロペシアとは】
アメリカに拠点を置いている「メルク社」が開発した薄毛治療の薬です。
現在、すでに60を超える国で承認を受けている薬でもあります。
医師が処方する薄毛治療薬としては世界的にも初めてのことであり、日本でも2005年から処方がスタートしています。
剤形は円形でピンク色のフィルムコーティングが施されているのが特徴です。
処方されている用量は2種類あり、
・0.2mg錠
・1.0mg錠
となっています。
基本的には0.2mg錠からのスタートで医師の判断で適宜に増量するとされています。
ちなみに保険の適用がない薬になるので、治療にかかる必要は自費での負担となることには注意。
服用期間は最低でも1年とされ、効果は服用から半年ほどの経過で現れると言われています。
有効性も高く、75%の人に「発毛」あるいは「脱毛症状の遅滞」が見られるとされます。
ですが、残りの25%の人にはまったく効果がないので高い期待をするのは禁物。

【プロペシア成分:フィナステリド】
これは天然で自生しているノコギリヤシ(アメリカやメキシコに自生する植物)の薬効成分を研究してできた化学合成品です。
つい最近までは、「筋肉増強剤」の使用を隠す効果があったのでドーピング剤に指定されていました。
2009年からは検出が可能になったことからリストからは外されています。
またこの成分を使用している薬は薄毛治療薬以外にも"前立腺肥大"を治療する「プロスカー」があります。
フィナステリドは5α-還元酵素の阻害する効果があります
この酵素が頭皮内で悪さをするとAGA(男性型脱毛症)を発症すると言われています。
どんな悪さかというと男性ホルモンテストステロンを変化させてしまい、「DHT」という悪玉性のホルモン物質に変えてしまいます。
このDHTが毛穴の中にある「毛母細胞」にくっついてしまうと、髪の成長を止めるなど脱毛症を引き起こします。
なので、その元となる酵素を阻害することで悪い物質が生成されるのを防ぎ、発毛を促進します。

【プロペシア服用による副作用】
フィナステリドは効果から分かるように男性ホルモンに関係しています。
なので、男性にとっては少し厄介な副作用になります。
・ED
・リビドー減退
副作用だけ見ると「髪を生やすならSEXは諦めろ」と言われているような感覚になりますが、そこまでの心配はありません。
というのも、これらの副作用が起こる確率は10%ほどと言われているので、そこまで心配する確率ではありません。
ただ思い込みは禁物です。
EDは考え過ぎで発症するので要注意。