バカにはさせない本気の薄毛対策|俺が惚れたプロペシア

薄毛になる原因

薄毛は男性だけでなく女性でも気になる現象です。
元々毛量が少ないという方とは別に、毛量があったのにどんどん減るという現象は、自身に置き換えてみても非常に悩ましい現象ということは分かります。

私は正直毛量が多い上、髪質も硬く、パーマをかけるにもカラーリングをするにも一苦労する性質もあり、寧ろ毛量を少なくしたい、外人のようなくせっけ風な髪形もしてみたかったと思うことがよくありました。

しかし年を取ってくるにつけ、毛量があることはありがたいことだなと感じるようになりました。
毛量は増やしたくても簡単に増やせません。
しかし、減らすことは散髪の際に鋤いてもらえば、簡単に減らせます。
毛量があることで、頭皮からの汗の量が違ったり、そのせいで頭が臭くなりやすいなど不快にもなりますが、少ないことでで悩むよりはマシかもしれません。

薄毛の原因は、色々あるようです。

よく耳にするのは、加齢による男性ホルモンの減少です。
両親は共に毛量が多い方ですが、父は年を取ってから少々頭が薄くなったと感じるようになりました。しかし、白髪染めなどで黒くするとさほど気が付きません。
このように、男性ホルモンの減少にから発毛できる毛根が減る現象も起きます。

これ以外では、頭皮の皮脂分泌が異常になり、毛穴に皮脂が詰まり、髪の毛の発育を妨害するという説もあれば、頭皮の血行が悪いことが招いた結果という説もあるようです。

どちらにしても、今では何かしらの対策が講じれる文明が存在します。

ですが、どんな原因であれ、対策してからすぐに効果を感じにくいのが、この治療の特徴でもあります。
勿論、植毛などの場合はそれほど時間は掛からず、分かりやすく見た目が変わりますが、薬を使う場合の治療を検討する場合、自然な時間の流れの中で毛量を変えていくことから、月単位での時間がかかってしまうのです。

かといって、急に髪の毛が変わってしまっても不自然でしょう。
その点も考慮すると、他人の目にも慣れつつ増えていけば、違和感も一緒に解消されていきそうですね。